乾燥を防ぐ上手な暖房器具の使い方

041994

寒い冬には欠かせない暖房器具の上手な使い方をご紹介します(^^)

 

 

まずはエアコンです。

 

冬の暖房器具として使っている方も多いと思います。

エアコンだけではありませんが、

冬に暖房器具を使用するときのポイントは“換気”と“加湿”です。

 

 

換気は2~3時間に1回、5分間程窓を開けるといいようです。

また、加湿は加湿器でなくても濡れタオルを部屋に

ぶら下げるだけでも加湿対策になります。洗濯物の部屋干しも加湿対策になりますね☆

 

 

また、窓を開け一度室内の空気を入れ替えるだけで乾燥しにくい

環境をつくることができ、さらに病気の予防もつながります。

 

041994

 

風邪等の病気の菌は乾燥している場所を好み増えていきます。

暖房器具を使うときは換気と加湿を意識してみてください(^^)

 

 

 

脚が冷えてしまう方にうれしいホットカーペット。

こちらも冬の暖房には欠かせないという方もいますよね!

素足でホットカーペットの上に触れていると肌の水分が蒸発してしまうのだそうです。

ホットカーペットを使用する際は靴下などを履いた方が乾燥を防げそうですね。

 

 

また、熱すぎるお湯も乾燥を引き起こします(>_<)

 

41℃以上の熱いお湯は、肌の保湿成分を急速に奪ってしまいます。

 

家事をする女性にとっては、洗い物をする時のお湯の温度が高すぎると

手がカサカサになりやすいです。

毎日のことなので気を付けてくださいね!

 

熱すぎるお風呂は乾燥を招きますが、湯船につからずにシャワーで済ますことも

全身の血行が悪いままの状態が続くので肌の乾燥がすすんでしまいます。

 

顔の保湿ケアは毎日やっていても、体の保湿ケアは

手拭きがちという方も多いかもしれませんね。

意外と年齢を感じるのはデコルテや首、手なんです!

 

 

また、デコルテ・首が乾燥し、皮膚がたるんでくると

顔のたるみにもつながってきてしまいます(^_^;)

 

 

せっかく、お顔のスキンケアを頑張っていて、お化粧をきれいにしていても、

デコルテ、首、手(特に手の甲)が乾燥し、カサカサ・しわしわでは台無しです(>_<)

 

 

綺麗に見えるコツはデコルテ・首・手の美人です♡

 

 

皮膚は全身一枚でつながっています!

是非、全身トータルケアを心がけて下さいね(^^)

 

 

 

 

 


▲pagetop