日焼け止めのマメ知識(^^)

夏

夏の外出時には必需品となる日焼け止めですが、

日焼け止めに記載されているPAやSPFって何のことかご存知ですか?

 

 夏

 

「梅雨の時期は紫外線に要注意!」の記事で簡単に説明しましたが、

 紫外線には種類があります。

 

まず、UVAは私たちに届く紫外線の95%を占めています。

これはガラスや衣服を通り抜けお肌の奥底まで届きお肌にダメージを与えます

UVAのお肌への影響はすぐにわかるものではなく、

将来的にしみ、しわ、たるみなどの原因になる可能性があります(>_<)

 

PAとはこのUVAカット量を示すものです。

PAは+で表わされます。

2013年の1月からPA++++(フォープラス)が解禁されました。

 

PA+は散歩や買い物などの短い時間の外出向きです。

 

PA++++は炎天下でのレジャーやマリンスポーツなどにおすすめです。

 

 

もう一つのUVBは強いエネルギーを持ち、肌の表面にダメージを与えます。

これが乾燥やシミ、皮膚がんなどの原因になります。

 

SPFとはこのUVBカット量を示すものです

 

SPF1ごとに約20分ほどの防御効果があると言われています。

 

なのでSPF30は薬10時間ほど日焼けを防げるということになります。

 

自分に合った日焼け止めで今年の夏を乗り切りましょう♪

 

 

 

 


▲pagetop